私たちがお守りします!

確かな技術でマイホームを守る

鈴鹿市内にお住いのみなさん

外壁のメンテナンス時期はご存じですか。

 

外壁塗装のベストな時期は、主に以下の3つの内容によって決まります。

 

● 塗料の耐用年数

● 外壁の劣化症状

● 外壁の素材

 

住宅の外壁でよく使われている窯業(ようぎょう)系サイディングやモルタルは、セメントが主成分です。

セメントの表面は防水性が低いため、そのままの状態では雨水が染み込んでしまいます。

 

そのため、表面を塗装して保護しなければなりません。

 

しかし、塗膜が劣化すると外壁が風雨や紫外線にさらされて、建物の腐食を進めてしまいます。

塗膜におおわれた外壁は、適切なタイミングで塗り替えが必要です。

種類ごとの耐用年数は、

アクリル塗料  3~8年  ウレタン塗料   5〜10年

シリコン塗料   8〜15年    フッ素塗料   12〜20年

 

塗料の耐用年数だけでなく、塗膜劣化のサインも塗り替え時期を知る手がかりにしましょう。

 

以下にて、外壁の塗り替えが必要な外壁の劣化症状についてご紹介します。

チョーキング  ・ 塗膜成分が劣化して白い粉(顔料)が露出する

塗膜の浮き・はがれ ・ 塗膜が外壁から剥離した状態である

シーリングが切れる・ サイディングの継ぎ目の充填剤が硬化して裂けている

クラック ・ 外壁にヒビが入る

 

上記のサインが出ている場合は速やかに塗り替えしてください。

外壁材によっても、塗り替えタイミングが異なります。

国内の外壁材で最も使用されているのは、およそ80%の国内シェア率を誇る「窯業系サイディング」です。

 

窯業系サイディングは、セメントと繊維質を混ぜ合わせて板状にした素材で、耐久性やデザイン性が高く、人気の外壁材となっています。

 

この窯業系サイディングはセメントが原料であることから、防水のため基本的に定期的な塗装が必要です。

 

また、セメントや砂、水を混ぜた塗料で仕上げるモルタル外壁も同じく、一般的には塗装をしなければなりません。

 

窯業系サイディングやモルタルの外壁の住宅では、既存の塗膜の耐用年数に合わせて、塗り替えを検討することになります。

 

9月・10月は三重県で塗装に適したベストシーズンです。

塗り替えをお考えになって見える方は、ぜひこの時期に塗り替えを!

Company

ご要望に添った丁寧な工事で地域の方の安心安全な暮らしをお守りしております

概要

会社名 株式会社ダイエン
住所 〒510-8004
三重県四日市市富田一色町19-41
Google MAPで確認する
電話番号 059-324-4455
営業時間 8:30~18:00
定休日 土曜・日曜
※ご相談・ご連絡は365日24時間お受けいたします
最寄り駅 イオンモール四日市北店

アクセス

屋根の汚れ雨漏れ、エクステリアのトラブルなど様々な住まいのお悩みに対応しております。近隣には大型ショッピングモールもございますので、お出かけやお買い物の帰りにも立ち寄ることができるほか、電話やメール、ホームページからもお問い合わせを承っております。
Contact

お問い合わせ

RELATED

関連記事